正月に七草粥を食べる理由と春の七草の覚え方

  • 正月に七草粥を食べる理由と春の七草の覚え方 はコメントを受け付けていません

この記事は2分で読めます


スポンサードリンク

1月7日は七草粥を食べる風習がありますよね。

健康増進のため、と言われていますが、それ以上のことはよく知らない。

って方は多いのでは?

そもそも、七草って何?って人もいるかと思います。

知ってるようで知らな七草粥について調べてみました。

 

1.七草とは

まずは基本の情報から。

五・七・五のリズムで覚えてしまいましょう。

「セリ・ナズナ

ゴギョウ・ハコベラ・ホトケノザ

スズナ・スズシロ 春の七草」

 

ざっくりいうと、最初の5つが野草、スズナはカブ、スズシロは大根のことですね。

 

2.なぜ1月7日に食べるのか


スポンサードリンク

最近ではお正月に食べる人も多いんでしょうか?

本来は1月7日に食べるものですよね。

この1月7日は、「人日(じんじつ)の日」と呼ばれていまして、五節句の一つです。

 

五節句についてはこちらの記事をどうぞ

 

この風習が奈良時代に日本へ伝わると、年のはじめに若菜を摘んで食べ生命力をいただく「若草摘み」という風習や、7種類の穀物でお粥を作る「七種粥」の風習などと結びつき、「七草粥」に変化していきました。 そして、江戸時代に「人日の節句」(七草の節句)として五節句※のひとつに定められると、人々の間に定着していきました。 また、7日といえば松の内(一般的には1月1日~1月7日)の最後の日にあたります。七草粥が定着した背景には、お正月のご馳走に疲れた胃腸をいたわり、青菜の不足しがちな冬場の栄養補給をする効用もあり、この日に七草粥を食べることで、新年の無病息災を願うようになりました。

出典 : allabout.co.jp

 

3.現代の七草粥

先ほど述べた通り、もとは中国の風習で日本に伝わったものであるため、地方によって微妙にやり方が違うようです。

春の七草にこだわらなくても色々な野菜や具を入れて、美味しくいただきましょう。

新年の始まりに、野菜の生命力をいただく、というコンセプトに従えば、なるべく新鮮な若菜を使うという事を意識すれば良いのではないでしょうか。

と言っても、最近はフリーズドライやインスタントの七草粥もありますしね。

そういったものも利用して、節句の行事を手軽にを楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

ちなみに、我が家は今年もフリーズドライです。

 

 

 

  • 2016 01.02
  • 正月に七草粥を食べる理由と春の七草の覚え方 はコメントを受け付けていません
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

スポンサードリンク

関連記事

  1. 2020 05.26

    思うこと

  2. 2018 02.01

    苦手です。

コメントは利用できません。