十二国記の新作が発売決定!

この記事は2分で読めます


スポンサードリンク

 

まじか!!!!!

 

あの十二国記の新作が!!

10月発売予定ですってよ!!!!!

 

https://www.shinchosha.co.jp/12kokuki/

 

今日、知りました。

衝撃的すぎて、会社なのに叫びだしそうになりました。

さすがにできないので、おそらくもはや誰も見てないであろうこのブログで叫んでみることにしました。

 

うっれしすぎる!!!!!

あー、また十二国記が読める日が来るなんて・・・!

ずっと待ってたけど、もう無理かと思ってた。

何年前だったかなー、新潮社の「yonda?」に掲載されてた読み切りが最後でしたよね?

公式HP見たら18年ぶりの書下ろし新作って・・・?!

 

うー、嬉しい。

最近、仕事と育児の多忙さとストレスでくさくさしてた気持ちが、一気に晴れ渡りました。

 

このブログ書くの何年ぶりだよ。

ほったらかしの間に、下の子供が生まれ、先日1歳になりました。

だれも興味ないと思いますが。

まじかー。

嬉しい。

 

その間いろいろとストレス発散の手段を探して、足を洗ったと思ってたオタク畑に舞い戻ったりしてたんだけど、それはそれなりに息抜きになってたんだけど、この情報ははっきり言って桁が違う。

喜びの桁が。

 

しかも4巻もあるんですってよ!

楽しみが!

4倍!!

早速Amazonで3巻まで予約してきました。

あー、早く読みたーい。

とはいえ、ちび2匹の世話と仕事に追われる日々では、学生の頃みたいに部屋にこもって一気読み、なんてことが出来ないのが不満ではありますが。

さすがに、小説読破したいから子供預かって、とは言えない。

 

すごい久々に、自分の気分が上向いたのを実感しました。

同時に、毎日相当疲れてるんだな、って事にも思い至る。

 

子育てって大変です。

小さな楽しみはある。

思いっきり笑える瞬間もある。

でも、やらなきゃいけない、やらざるを得ない、が多すぎる。

あくまで私にとっては、ですけど。

 

極端な話、どんなに疲れてたって毎日のお迎えはなくならないんですよ。

連れて帰ってきた子供の世話も、私以外にやる人はいないんですよ。

そらそうだ。

自分の子供だからね。

 

この時代に、会社も配偶者も協力的で、義親との関係も良好、一姫二太郎で順調に授かって、贅沢言うなって怒られるかもしれないけど、無性に一人になりたいことがあります。

でも出来ないんだよなー。

 

子供産んだことを後悔しているわけではないです。

それとこれとは別。

ただ、元々HSPの気があって、一人でいるのが好きな私としては、こどもも夫も関係ないところで、自分の世界ってのをやっぱり持っておきたい訳で。

日常で起こるすべての感情が、家族に起因している状態ってのが、どうにも息苦しかったわけで。

 

そんな中での今回の事は、完全に私個人の事についてのビッグニュースです。

この感情は私1人のもので、家族とはなんら関係なくて、だから心置きなく舞い上がれるのかな。

 

 

とにかく、久しぶりにものすごく心が弾みました。

小野不由美さん、本当にありがとうございます。

あの壮大なファンタジーの世界に魅了された少女時代に戻ったみたいにワクワクする。

実際に若返れるわけはないですが気分の問題です。

感動は何年たっても色褪せない。

こんなこと思う時点で、自分も年をとったなあ、なんて思います。

 

翻って、自分の子供たちにもぜひ、多感な子供時代に、心に残る作品に出合ってほしいと思う次第です。

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

スポンサードリンク

関連記事

コメントは利用できません。