子供にとって価値あるおもちゃとは。

この記事は3分で読めます


スポンサードリンク

 

 

朝、め○ましテレビを見ていたら、おもちゃレンタルの紹介で、おもちゃを月1万買うとか、子ども3人で1000種類以上おもちゃがあるとかいう家庭が出てきてびっくりした。

 

うちは誕生日とかクリスマスのイベント以外でおもちゃを買った事はほとんどないんですよね。

両家にとっての初孫だから、ほっといてもある程度おもちゃが集まって来たと言う事情もあるんですけど。

あとはたまの外食でもらえるおまけのおもちゃとか、もともと私が好きで集めてたぬいぐるみとか、限られたおもちゃで飽きずに遊んでいるんで特に気にした事なかったんです。

足りないものは想像と発想で補っている感じ。

おもちゃ屋さん行ってもアレコレ欲しがらないし、いい感じに育っているじゃないかーって満足してました。完全に自己満足ですが。

 

特に意図してそのように育てた訳ではないんですけど、一つだけ、おもちゃを選ぶ時に気にしてたっちゃー気にしてた事があります。

 

それは、“アソビ”のないおもちゃは買わない、って事。

 

今の玩具ってすごく作りが凝ってて、家具とか家電とか、本物そっくりに樹脂で作られたやつとかあるじゃないですか。

私、ああいうのがどうも苦手なんですよねー。

あと、子どもの想像力を伸ばします!みたいに謳ってる知育玩具って言うんですか。

あれもあんまり好きじゃありません。

 

細かく作り込まれているがゆえに自由度が低くて、遊んでいるというより遊ばされている感じになるのがなんかモヤモヤする・・・。

これを動かしたいのにこっちしか動かない、とか、他のおもちゃと組み合わせたいのに出来ない、とか、子どもの想像力を伸ばすどころか逆に制限してるのでは・・・とすら思ってました。

 

アソビが少なくてオモチャのくせにつまんない、って思うんですけど、私だけですかね。

 

それだったら、その辺に落ちてる段ボール切って、子どもと一緒に工作でもした方が有意義だしコスパもいい、と思います。

 

兄(娘にとっての伯父)がこの前言ってたんですけど、おもちゃを与えても気に入らないとまったく遊ばない子っているそうですね。

うちの子は何をあげてもとりあえず触って色々遊んでくれるし、一緒に楽しんでくれるから可愛い、と言ってました。

 

なんだろう。

遊べない子は色々試してみるのが面倒くさいのかな。

逆に決められたやり方で動くおもちゃばかり触ってるから、あーでもないこーでもないって考えるのは億劫と言うか、思い通りにならないとイライラしちゃうのかな。

 

精巧に出来たイミテーションより、想像次第でなんにでも見えるシンプルなモノの方が無限の可能性があって楽しいと思うんですけどねぇ。

 

最近は、ブロックを組み合わせたり積み上げたりする事に興味を示しているので、シンプルな積み木でも買ってあげようかなーって思ってたとこです。

 

そう言えば、知人の子どもは掃除機に興味を示した頃、お母さんが掃除機のおもちゃを買ってあげたけど全然遊ばなかったって話を聞いたことあるんですけど、それも勿体ないなぁって思っちゃいました。

興味持ったなら本物を触らせればいいのではないでしょうか。

 

我が家では掃除も洗濯もお料理も、1歳台から一緒にやってます。

もちろん一人でやった方が捗るし、子どもはすぐに飽きて別の事始めるし、面倒くさいって気持ちも分かるんですけど。

一緒にやって見ることで普段親がしている事も理解できるし、触ってはいけない場所、危険な事等、実感を伴って伝えられると思うし。

 

何より忙しい共働き家庭ではお手伝いですら貴重なコミュニケーションの時間ですので。

 

ちょっと失敗したりふざけてしまっても、散らかって片づけにかえって手間を取られても、イライラなんてしなかったなぁ。

 

まぁ、各家庭の事情と子どもの個性があるのでそうそう上手くは行かない事もあるだろうし、絶対そうするのが正解とは言わないですけど。

自分がちょっと手間暇かけるだけで楽しい時間を子どもと共有できるんだから、高価なおもちゃを買うよりずっと価値があるのではないかとは思います。

 

それに子どもって、案外やらせてみると色々出来るんですよねー。

幼児と言えども侮ってはいけない。

 

ある程度環境を整えたらあとは任せて黙って見守る我慢強さが、子どもを伸ばすには必要なのかも。

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

スポンサードリンク

関連記事

コメントは利用できません。