【絵本】ブックスタートにおすすめ谷川俊太郎作もこもこもこ

この記事は2分で読めます


スポンサードリンク

 

 

もこもこもこ。

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

もこもこもこ (みるみる絵本) [ 谷川俊太郎 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2018/1/29時点)

 

 

 

 

これは、かなり有名な絵本なのでご存知の方も多いかと。

娘が生まれる前にプレゼントで頂きました。

 

0歳の頃から2歳過ぎた今まで、変わらず楽しんでいます。

 

ストーリーのない絵本なので説明しようがないのですが、小さいお子さんをお持ちの方は読んで損はないと思うので読んでみてください。

 

なんという雑な紹介。

 

あ、離乳食始めたくらいだと、もぐもぐのところで結構喜びます。

娘が最初に食いついたのが、「ぱく」「もぐもぐ」のくだりでした。

 

言葉を覚え始めて、一番最初に一人で音読したのもこの絵本でした。

 

短い単語でイラストとのつながりもあるので覚えやすかったのかと。

 

専門家にも評価の高い絵本ですが、鮮やかな色彩とリズミカルな言葉が、視覚と聴覚が発達する時期の子どもに適している、なんだそうです。

 

声に出して読むのと一緒に絵本を大きく動かすと、子どもの受けが良かったですよー。

 

あとは小学校の教員をしている知り合いが低学年に読み聞かせたら大ウケしてた、と言っていた事もあるので、読み聞かせの方法を工夫すればかなり長く使えそうですね。

 

んー…なんか他に書く事ないかなー。

 

と表紙を眺めていたら、この本のタイトル「もこもこもこ」じゃなくて「もこ もこもこ」なんですね!

初めて気づいた。ずっと勘違いしてたわ。

確かに本文も「もこ」と「もこもこ」に別れています。

新たな発見。

 

つたない説明で魅力が伝わらなかったかもしれないですが、実体験からとてもおすすめです。

図書館とか本屋さんで見つけたら、ぜひ手に取って見て欲しいです。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

スポンサードリンク

関連記事

コメントは利用できません。