【感想】冬の神戸どうぶつ王国

  • 【感想】冬の神戸どうぶつ王国 はコメントを受け付けていません

この記事は2分で読めます


スポンサードリンク

 

 

神戸どうぶつ王国へ行ってきました。

展示はほとんど屋内なので、寒い季節でもお勧めです。

屋外エリアもありますが、寒くなったら避難できるのは有り難い。

 

写真はお昼寝中のカンガルー。

お腹の袋に赤ちゃんが入っていました。可愛い!

 

以前、花鳥園だった頃に行って以来4年ぶり?位になるのですが、随分変わりましたね。

 

園内のレストランとか池、とかの設備はそのままでしたが、展示されている生き物は哺乳類中心になっていました。

やはり、鳥と花だけでは客を呼ぶのは厳しかったのか…。

 

詳細な地図はHPを見て頂ければいいと思うんですけど。

 

屋外展示場

 

個人的にはオススメです。

寒いから室内展示がいいよね!って言った直後にあれなんですけど。

 

子どもが走り回れる広さがある上に、そんなに人も多くない。

アルパカ、トナカイ、シカ、カンガルーやラクダ、ポニーなどなど。

結構自由におやつあげたり触ったり出来て、楽しかったですよ。

 

 

ふれあいコーナー

 

逆に、これはちょっとなぁ…と思ったのは室内のふれあいコーナー。

モルモット・ウサギエリアと、犬・猫エリアがあったのですが、どっちもすごい人口密度で…。

1匹の動物に子供が群がって手当たり次第触られてて、ストレス凄そう…可哀相…って思って、あんまり楽しい気持ちになれなかったです。

これなら、ヨーデルの森のウサギさんエリアの方が良い。

 

犬・猫の展示に至っては人多すぎて入場制限されてて、エリアの外まで人がずらーって並んでました。

ここまできて、そんなに犬・猫に触りたいのか…って思っちゃった。

もっと珍しい動物いるんだからそっち行けばいいのになーって。

 

それを見た分、屋外の方が動物も伸び伸び、子どもも伸び伸び出来てていいなぁ、って思ったのです。

カピバラもいたようなのですが、子どもが疲れて寝てしまったのでそこまで行けず。

 

ドッグショー

ドッグショーは見ました。

牧羊犬とフリスビードッグのショーでした。牧羊犬は結構頑張っていました。

が、ショーエリアはもう少しコンパクトでも良かったのかな、と。

犬が元気に走り回っている姿はなかなか迫力ありましたけど、端っこに座ると、反対側での演出が見えなかったので、子どもが途中で飽きてしまいました。

 

バードショーの会場は以前と同じ場所だったようですが、時間が合わず見られませんでした。

 

あと、屋内の池が地味に面白かった。(マップでいうペリカンラグーン)

中島に色んな動物が放し飼いにされてるんですけど、ちょうど通りかかったとき、シカが島から降りて水の中を歩いてきて、もののけ姫みたいになっててテンションが上がりました(親たちが)。

 

食事について

 

園内にバイキングがあるのですが、子供用のスプーンとフォークがなかったのでちょっと食べるのに苦労しました。

小さいお子さんがいる方は持参されると良いかも。

食事場所はそこだけかと思いきや、屋外展示場の中にカレー屋さんがありました。

今度はそっちにも行ってみたい。

 

見返してみると不満が多いな;;でも楽しかったですよ。

あらゆるところにあらゆる動物が配置されている無秩序感が私は嫌いではないです。

ふれあいエリア以外は、人も少なくのんびり回れます。

子ども達もすごく喜んでいたので、また行きたいと思います。

今度は暖かい時期に!

 

 

 

  • 2017 12.08
  • 【感想】冬の神戸どうぶつ王国 はコメントを受け付けていません
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

スポンサードリンク

関連記事

コメントは利用できません。