沖縄の長寿祝いカジマヤーとは

  • 沖縄の長寿祝いカジマヤーとは はコメントを受け付けていません

この記事は2分で読めます


スポンサードリンク

 

 

 

今度祖母のカジマヤーのお祝いが沖縄であるんです。

カジマヤーってご存知ですか。

 

沖縄の風習で、数え年97歳を祝う行事の事だそうです。

教えてもらうまで知りませんでした。

前にハチアッチーの話もしたような気がするのですが、沖縄独自の風習って色々あるんですね。

 

カジマヤーは、沖縄地方で行われる数え年97歳の長寿の祝いである。漢字では風車風車祭と表記する。

旧暦9月7日又は9月9日に盛大な祝宴が催される[1]

沖縄ではこの年齢になると子供にかえると言われることから、風車(カジマヤー)を持って集落内をオープンカー等でパレードする[2]。小さな離島では、学校の鼓笛隊が加わる等して島ぐるみで祝われることもある[3]

明治時代頃までは、模擬葬礼であり、死に装束を着せて集落の四辻(カジマヤー)を回ったといい、カジマヤーの名も四辻に因むという説もある

 

参考:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%82%B8%E3%83%9E%E3%83%A4%E3%83%BC

 

沖縄ではトゥシビーと呼ばれる生年祝いが他にもいろいろあるみたいです。

 

親は沖縄の人だけど、私自身は本州で生まれて本州で育ってるので、こういうのに全然馴染みがなくて、こういう時に、やっぱり違う文化圏だなーっと感じます。

衣食住と言うか基本的な生活習慣に関してはほとんど差を感じないだけに。

 

でもどうなんだろう。

私は知らないだけで、沖縄以外でも独自の風習って意外と全国各地に残ってそうな気がする。

私が、やっぱ違うわーって思ってるこの差も、本州内での地域差程度の違いなのかもしれないですね。

 

でもやっぱり、沖縄に行くのと本州内を旅行するのとでは、ちょっと違った印象を受けるのも事実なんですよね。

 

「沖縄と本州は言語と通貨が同じだけの外国だ」とかいう言葉を聞いたことがありますが、的を射てるような気がします。

 

決定的に違う何かがある訳じゃないけど、外国って言われても違和感のない雰囲気と言うか。

別に壁を作ってる訳ではなく、沖縄に居る親戚の方たちとは仲良くやっていますけども。

 

9月に飛行機のチケット取ったときは、まだまだ先だな!って思ってたのにもう出発日はすぐそこに。

 

泊まりの旅行が久しぶりなのでわくわくするのと同時に、子連れで飛行機は初めてなので、そっちはちょっと心配です。

着いてからは、あれこれ世話焼いてくれる人がたくさんいるのであんまり心配していないのですが。

 

沖縄、あったかいといいなぁ…。

 

 

 

 

  • 2017 12.08
  • 沖縄の長寿祝いカジマヤーとは はコメントを受け付けていません
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

スポンサードリンク

関連記事

  1. 2018 01.29

    気分転換。

コメントは利用できません。