【絵本】佐野洋子作空とぶライオンは大人向けだが意外に子どももハマる?

  • 【絵本】佐野洋子作空とぶライオンは大人向けだが意外に子どももハマる? はコメントを受け付けていません

この記事は2分で読めます


スポンサードリンク

 

 

「100万回生きたねこ」で有名な、佐野洋子さんの絵本です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

空とぶライオン (佐野洋子の絵本) [ 佐野洋子 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2017/11/28時点)

 

 

 

ライオン好きなうちのちび2歳は、一応大人しく最後まで聞いていましたが。

よく分かってなさそうだった。

なのに、「この本、ちょっと難しいわぁ」とか言いつつ、何度も持ってくるのはなぜだ(笑)

子どもの理解力とか感性って見くびってはいけないなぁ、と思わされます。

 

何度目かの読後に「ライオンさん、かわいそうやなぁ」と呟いた娘にびっくり。

 

疲れ果てて眠るライオン。「つかれた」と言って泣くライオン。

周りで無神経に笑うねこたち。

 

絵の色使いとか、ライオンと猫の表情から、幼いなりに何かを読み取ったのでしょうか。

 

偉そうに語ってる自分も、この物語の本質をいまいち理解しきれてないんですが。

 

強くて勇ましいライオン。

でも、本当は心優しくて昼寝が大好きな、大人しいライオン。

他人の為に自分を犠牲にしてしまうライオン。

力尽きて倒れるまで本当の事を伝えられないライオン。

力尽きてなお期待に応えようと頑張るライオン。

 

ライオンにあこがれるねこ。

ライオンが理想の存在だと信じて疑わないねこ。

ライオンが冷たい石になって初めて真実に気付いたねこ。

 

佐野さんの描かれたエッセイを読んだことがあるのですけど、頑張って仕事するとお金持ちになっちゃうからそこそこでいい、とか、ファンのおかげで生活が出来る、とか、生きていくのは大変だ、みたいな事が書かれてるんですよね。

 

佐野さんの絵本は、これと「100万回生きたねこ」と「おぼえていろよ、おおきな木」を読んだことがあります。

どれも、“生きる”って事がテーマになっているのかな、と思います。

 

戦争を経験して、兄弟を亡くされる経験もされて、きっと他にも辛い事を乗り越えた人生を経て、絵本を通して伝えたかった何か。

 

周囲の声に振り回されずに自分自身の人生を歩むという事。

幸せを掴むことの難しさ。

誰かを思いやる大切さ。

 

自分にとっての幸せってなんだろう。

自分自身をちゃんと大事に出来てるだろうか。

目の前の幸せを大切に出来てるだろうか。

知らぬ間に誰かを傷つけていないだろうか。

自分の心に正直に生きているだろうか。

 

この本を読むたび、心のままに生きるって事について考えさせられています。

 

これは図書館で借りたのですが、自分の為に本棚に置いておいてもいいかも…と思った作品でした。

 

この本に関してはあえて、ストーリーは書かずに感想のみにしておきます。

 

ちなみに余談ですが、佐野さんのエッセイはめっちゃ面白いです。

かなり独特の文体で豪快に書かれていて、読みやすくてすいすい読了出来ますよ。

絵本しか読んだことのない方は、一度読んでみられる事をお薦めします。

 

 

 

 

  • 2017 11.28
  • 【絵本】佐野洋子作空とぶライオンは大人向けだが意外に子どももハマる? はコメントを受け付けていません
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

スポンサードリンク

関連記事

コメントは利用できません。