セカオワsaoriお腹が大きくなるのが苦痛?妊娠が嬉しいのになぜ?

  • セカオワsaoriお腹が大きくなるのが苦痛?妊娠が嬉しいのになぜ? はコメントを受け付けていません

この記事は4分で読めます


スポンサードリンク

 

 

 

セカオワのsaoriさんに関するこんな記事が出てました。

 

妊娠中セカオワSaori「お腹大きいね」に複雑

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171107-00047082-nksports-ent

 

 

 

はじめに

 

私、どちらかと言うとこの方にあんまり好感は持っていなかったのだけど、この件に関しては心から共感します。

 

なぜなら、私も、自分のお腹が大きくなるのが嫌で嫌で仕方なかったタイプだから。

少数派ではあるかもしれないですが、確実にこういう人間が存在します。

 

でも、コメ欄でボコボコに叩かれてて可哀相になってしまいました。

 

“こんな女いるんだ”“大きくなるお腹を喜べないなんてかわいそう“ですってよ。

 

そうですか、私は可哀相な人間だったのですか。

 

妊娠から数年経った今となっては、こんな意見を目にしてもああそうですか、としか思わないんだけど、妊娠中の情緒不安定な時期にこんな事言われると本当に落ち込むと思うからやめてあげて欲しい…。

 

“赤ちゃんが育つのが嬉しいかどうか”って言うのと“自分の体形が自分の意志とは無関係に変わっていく事に戸惑う”っていうのは別の問題なんですよね。

 

母親になるのに、子供の成長より自分の容姿がそんなに大事なのか?!みたいに言われてますけど、論点がずれている。

 

天秤にかけて落ち込んでる訳じゃないんです。

妊娠を後悔している訳でもないんです。

むしろ、赤ちゃんが大切なのにこんな気持ちになってしまう自分を責めていました。

だから外野は黙っててもらえますか!って思うわけで。

 

この記事見て、自分の妊娠中を思い出してしまったので、なんでこんな心理状態になるのか、改めて考えてみました。

 

 

1)完璧主義で自信のない人

 

勝手な想像ですが、自分に自信のない人ほど、こういう状態に陥りやすいような気がしています。

 

私自身に関して言えば、自分の努力でどうにもならない事が、不快と言うか怖い、って感じてました。

 

私は性格的に、完璧主義の傾向があります。

これは、自分に自信のない人の特長です。

努力して、結果を出して、その結果にのみ、自分の価値を見出す。

 

ありのままの自分に価値がある、と思えない、自己評価の低い状態ともいえるかと思います。

 

Saoriさんも、経歴を見る限りとっても努力家、完璧主義者なのかなと思われます。

音大のピアノ専攻を出て、バンドのコンサートの演出なんかも一人でされているそうですね。

前にリハーサルをしてる時の映像を見た事がありますが、僅かなタイミングのずれも許さない厳しい姿勢と鋭い眼差しに驚いた記憶があります。

 

何事も、目標を持って努力する事で達成して自信にしてきたんじゃないかと思います。

 

過去にも何度かtwitter での情緒不安定な発言が取りざたされてますけど、努力しても思った結果が出ないとき、すごくストレスを感じているんじゃないでしょうか。

 

妊娠って、自分の頑張りだけじゃどうにも出来ないことだらけです。

 

流産や死産の可能性は出産まで常にあるし、障害や病気もコントロール出来ないし、食生活に気を付けてても糖尿病や高血圧になってしまう事もあるし、つわりやら頻尿やら痔(!)やら…

 

自分の体なのに自分の思い通りにならないストレス、それを体型の変化が象徴されている気がして辛かったです。

 

 

2)おしゃれが出来ない

 

こちらはもっと外面的な理由ですね。

今まで来てた服が着られない、高いヒールの靴が履けない、色気ない下着しかつけられなくなる等々。

あと、妊娠線もかなり気にしてケアしてました。

 

幸い、私はあまりお腹が大きくならなくて妊娠線も出来なかったんですけどね。

 

マタニティ服でもおしゃれを楽しめる!って言うけど、人生で数回、期間にして1回数か月間の為に、わざわざおしゃれを意識した服を買えるかって言うと、庶民にはなかなか難しい。

モデルさんとか女優さんとか、そういう職業の人は別ですけど。

 

値段と機能性を重視すると見た目はいまいち…でテンション下がってました。

それこそ短期間なので我慢しましたけどね。

 

私の場合、自信のなさ、という内面的な理由に加え、主人が私を容姿で選んだと豪語している事も原因の一つになってたような気がします。

付き合い長いから、一緒に居る理由はそれだけじゃないと言うのは頭では理解してますけど。

やっぱり、好きな人が好きと言ってくれる要素がなくなるのは誰だって辛いと思うのです。

 

食事に気を付けてても上半身に肉はつくし、激しい運動出来ないから筋肉は落ちて体はたるむし、授乳に備えたマッサージで胸のハリはなくなるし、でどれもこれも憂鬱でしたわー。

特に胸のマッサージは嫌だった。

密かに自信のあった美乳(自称ですよあくまで)をなぜわざわざ崩さなくちゃいかんのか!と思ってあんまり真面目にやらなかった結果、産後に苦しむことになったので、これは嫌でもちゃんとやっとくことを心からお勧めします。

 

3)自由に動けない

 

 

これは常にと言うより、そう思う瞬間があった、て程度ですが。

さっきも言った通り、お腹があまり大きくならなかったんで7-8ヶ月でも全然身軽だったんですけど、妊婦が走ってるとぎょっとされるんですよねー。

あとしゃがんだり立ったり、寝返り打てなかったりと、地味にストレス溜まる事も多かったです。

 

 

4)その他

 

こういうのあんまりリアルでは言いにくいんですよね。

 

ヤフコメ欄見ても分かる通り、大きいお腹が幸せって妊婦が大半だし、叩かれるの分かってるから。

妊娠してるんだから当たり前じゃん、って言われた事もありますし。

こんな風に思う自分はどこかおかしい、女として間違っているのではないか、って悩んだりもしました。

そういうのがストレスでどんどん気持ちが落ち込むという悪循環。

 

途中からは主人の励ましもあり、元に戻るかどうか心配するより、絶対元に戻してやる!って気合いを入れて、妊娠中から体型戻しの方法ばっかり調べてました。

産んだ直後からストレッチするとか、授乳はどんなに疲れててもクッション必須とか、あれこれやった結果、想像よりかは体型の崩れは小さくて済んだ気がします。

 

産後半年足らずでお腹はぺたんこになりましたね。

やはり努力は裏切らない!

 

5)経験して思う事

 

第2子を考えた時、またあの妊娠期間を経験するのか―って思うとうんざりするのも事実です。

赤ちゃんには会いたいけど10か月の忍耐が必要と言うジレンマ…。

 

念のため言っとくと、お腹大きくなったね、って言ってくる人たちに負の感情を抱くとか、配慮しろとか理解しろとか言うつもりは毛頭ありません。

 

ただ、妊娠が辛いって思ってる人は、あなただけじゃないですよー。

産んだ後、努力でなんとか出来る部分もあるし、仮に何とかならない部分があっても、そんなことであなたの価値は下がらないから、心配し過ぎなくても大丈夫、と伝えたい。

 

あと、その悩みと赤ちゃんを思う気持ちは全く別モノなので、母親としての自信を失わないで欲しい、と言いたいです。

 

それと、そういう人はたぶん、産後を楽しめるから!

苦しんだ分、産後、自分のからだが思い通りに動かせる喜びを存分に味わえますよー。

 

 

 

  • 2017 11.10
  • セカオワsaoriお腹が大きくなるのが苦痛?妊娠が嬉しいのになぜ? はコメントを受け付けていません
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

スポンサードリンク

関連記事

コメントは利用できません。